未分類

20歳になれば自由に脱毛できる

投稿日:

現在、永久脱毛の方法として主流になっている医療レーザー脱毛は、未成年が利用する場合、保護者の同意書が必要となります。医療レーザー脱毛には、常にやけどの可能性がつきまといます。そのため、未成年が自己判断でレーザー照射を受けることはできないことになっています。

20歳以上であれば、成人として、自己責任で判断できます。 体毛に悩む人は、10歳前から自己処理を繰り返していることが多く、それを見かねた保護者が、永久脱毛させることを希望することもあります。

しかし、思春期が終わるまでは、保護者の同意があっても、医療レーザー脱毛をすることはできません。思春期が終わっても、保護者が反対している場合は、やはりレーザー照射はできません。20歳になって初めて、本人の意志だけで、レーザー照射を受けることができます。

保護者は、子供が自己処理を繰り返して肌がボロボロになっていくのを見ているわけですから、未成年のうちにレーザー脱毛したいと子供が望んだ場合は、同意することも多いです。しかし、すべてはありません。

保護者の同意が得られず、20歳になるまで待っている場合もあります。レーザーの施術を受けるには、それなりの費用がかかりますから、それまでその金額を用意しておくことが望まれます。クレジットカード払いができるところがほとんどであるものの、自分のクレジットカードがなく、現金一括払いも難しい場合は、結局、保護者に頼ることになりかねません。

-未分類

Copyright© 天王寺の脱毛サロンランキング , 2018 AllRights Reserved.