未分類

間隔が2ヶ月以内のレーザー脱毛

投稿日:

医療レーザー脱毛の場合は、永久脱毛状態になるまで、何回かレーザー照射を繰り返す必要があります。毎日照射してもほとんど意味はなく、ひと月以上空けたほうが効率的です。

間隔を2カ月としているところが多いですが、特に顔の場合は、2ヶ月以内の照射にすることで、永久脱毛状態になるまでの期間が短縮できる可能性は高いです。 レーザー照射にはやけどの可能性が伴いますから、照射しないで済むに越したことはありません。しかし、永久脱毛状態にするために、やむを得ず照射するものです。

毛にだけ照射できればいいのですが、そういうわけにもいかないため、仕方なく肌にも当てています。肌にダメージをもたらさないのであれば、短い間隔でレーザー照射してもいいかもしれません。

しかし、レーザー照射で肌はある程度ダメージを受けますから、最少回数で早くに永久脱毛状態になれるような頻度でレーザー照射する必要があります。 毛根を処理できるのは、成長期の毛だけです。成長期の期間は、2カ月から5か月ですが、顔の場合は、1カ月とも言われています。

顔の永久脱毛をする場合は、レーザー照射する間隔は、2ヶ月以内にしたほうが効率的です。その他の部位の場合は、2カ月程度空けたほうがいいでしょう。

成長期のうちに、1回レーザー照射を受ければいいわけですから、2カ月弱、間隔を空けて照射すれば、すべての毛穴をやがては処理できるようになります。毛周期は人によって異なるものの、おおむねこのようなサイクルで施術を受けるようになります。

-未分類

Copyright© 天王寺の脱毛サロンランキング , 2018 AllRights Reserved.